Metal Battle Japan, Uncategorized

Wackenでした⑤

8/1
皆、朝食を済ませ暫しまったりして貰っている間に、スタッフのYuちゃんとVanishingファンの方を迎えに会場入口に面したバス停へ。
難なく合流後~VIP用エリアへ移動チェックイン~キャンプエリアへ移動し皆と合流。
しかし今日も暑い。
迎えの時間が近くなってきたので、事務所へ向かい
アーティストシャトルで楽屋エリアまで移動し準備を進める。30分前になったのでステージ裏へ行こうとしたら、名物おじさん登場。インタビュー良いかな?とおねだり。何故このタイミングで現れるのか?
が、このおじさんはWackenで有名な専属記者でTOP5のバンド若しくは自分が気になったバンドにしかインタビューしない人なんで、よい機会なので受ける事に。

結局10分位掛かってしまいバタバタとステージ裏へ行き準備に取り掛かる。
MB Japanか?時間無いから急いでセッティングしてくれ!と急かされる。ベースとGtアンプの位置が逆な為、立ち居地の変更、緞帳が無いので用意していたSEも効果が望め無いだろうと言う事で使用を止めるというイレギュラーな事態ながらもメンバーは柔軟に対応&慌てずテンパらず落ちついた様子で手早くセッティング完了。


セッティング前は10人位しか居なかったのに、5分前にはこんな感じで沢山の人が集結。更にカメラを構えたメディア関係の方も多数。因みに今日のこの時間帯はメインフィールドが開放され、メインステージではメジャーバンドが演奏してるにも関わらずですよ。
この時点で結構感動してましたが、「Vanishing!」とコールしてくれる人も居て、感極まりそうでした。
オープニングの「Wild Horse」からフロアが盛り上がる。

が、スモークをモクモク焚かれてステージが見辛い。最初から最後までスモークでステージが見えないMARDUKほどではありませんが、写真が非常に撮り難い。
「Heart Breaker」「Freedom」とキラーチューン連発で会場も一気にヒートアップ。


ステージ横のPAの兄ちゃんもノリノリ。
「Jungle Baby」での掛け合いの場面は、ちょっと難しいかなぁと思ってましたが、予想に反してお客さんとのコミュニケーションもバッチリで大成功。
「Night Sky」「World is Mine」と一気に畳み掛け無事完走。ちょいちょいスモークを焚くので最後の写真の時まで煙ってました。


終演後は沢山のお客さんから声を掛けられて一緒に写真撮ったりと良い雰囲気。
楽屋に戻り一息つくかと思いきや、ファンに向けてライブ配信をしたりと、しっかりしてるな~と関心しきり。ビール飲みながらワイワイやってると、ブッキング会社の方がわざわざ楽屋へ尋ねてきてくれて、「いや~良かった! 最高だった!」とベタ褒め。
素直に嬉しい光景だし、こんな機会はまず無いので後で一押ししておこう。

引き上げの時間がきたので再びシャトルで戻り、楽器を預けて後は自由行動。
ファンの方を送り出した後、再びHISTORYステージへ戻り、審査業務へ。数バンドを見た後、転換時間にメインステージのSABATONをチラ見しに行きましたが、盛り上がりまくり&人多過ぎで即離脱。

そんな感じで心地良い疲労感を覚えながらこの日は終了。
明日は朝からバックステージツアー~MB審査業務の最終日だ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です