Metal Battle Japan, Uncategorized

Wackenでした⑥

8/2
この日はバンドさんは終日自由行動。
自分はRed Rivet RecordsとMB Japanの業務半々という感じ。恒例の朝シャワー&朝食後、朝一番からバックステージツアーの準備の為、プレスエリアへ移動。スタッフのYuちゃんに手伝って貰う事に。
現地ガイド担当者とやり取りしてたが現地に現れず。マジか!携帯で連絡は取れてるのでやりとりしつつ無事合流。どうも待ち合わせ場所を勘違いしてたらしい。と言う事でお客さんを迎えに。
このバックステージツアー・・・本当は土曜日の18時頃を予定してましたが土壇場で変更な上、連絡が来たのが現地入りしてからだったので慌ててお客さんへ連絡。wifiの状態も不安定な為、伝わってない可能性もあるかと思いましたが何とか全員集合してて一安心。


誰も入っていないインフィールド内を闊歩してみたり、アーティストヴィレッジ内に侵入したりした後は、

本日、一発目のEquilibrium(Makkiがエクリ辞めてて軽くショック)を観て再びプレスエリアへ移動しツアーは1時間ほどで無事に終了。
事前に日時決めてても土壇場で変更とか、担当者がコロコロ変わったりとか、悪天候で当日中止とか、2011年からこんな調子なんで大概の事には対応できますが、対応が難しくなってきたのもあり、来年はやらない方向で調整中なのが正直な所。
とりあえず今日の山場が早くも終了したんでホッとしつつも、MB審査業務の為、楽屋エリアへ移動。今日はMB最終日なので5バンドで終了。
2バンド観て、楽屋でまったりしてると、「君とは前に会った事あるぞ!え~っとエクリで日本に行った時だ。だろ?」と声を掛けられる。
お~!サウンドテックのFrank Renner氏。

あれ?エクリ終わって直ぐ来て飲んでるのか?と思ったら、もうエクリは担当してないらしく、今はCREMATORYの専属PAとの事。

ELUVEITIEをチラっと観て、楽屋へ戻り軽く休憩してると、BBQ大会が開催されている。
よく見るとICSのトップ、Thomas氏をフィーチャーして広報活動アピール感満々な雰囲気。


和気藹々な感じで進んでましたが、何だか雲行きが怪しくなってきた。雨がポツポツ降って雷もゴロゴロ鳴ってきたので楽屋へ避難&待機してると、「直ぐにテントから出て避難してくれ!」とアナウンスが。
その後直ぐに「誘導するから避難場所へ付いて来て!」と言われ、小学校へ避難。

今年はやたら雷警報に敏感やな~と思ってたら、別のフェスで落雷で死亡事故があったらしくて警察とかからお達しがあったみたい。
小1時間ほど待機すると警報解除された様で散会して再び楽屋エリアへ戻る。
メインステージのCradle of Filth等は中止→別ステージで夜に演奏とリスケが発表されてましたが、この後に控えているMB中国、ハンガリー、アイルランドに至っては当初の転換30分&演奏30分→転換10分、演奏20分と短縮に。
天候のせいとは言え折角の機会なのに扱いが酷いなと思いつつ残り3バンドをチェックして本年度は終了。
ここでベニーからの連絡で痺れる。何とスタッフのYuちゃんが携帯を紛失したと。マジか!
とりあえず、楽屋エリアで合流し数箇所探したりスタッフに訊いたりするも、「無い」との事。
電話だけなら良いが、クレカも挟んでたので気が気じゃないし、横でMetallicaが演奏してても100%無視する位の落ち込み様。
一箇所だけ未チェックで気になった場所があったのでダメ元で訊くと「無い」と言われるも、たまたま横で聞いてた別のスタッフが気を利かせて事務所にある携帯を持ってきてくれた。正しくその携帯!
地獄から一気に天国へ。速攻でその場で祝杯をあげたのは言うまでもありません(笑)

たまたま隣に座った日本人の方から話し掛けられる。Nashuville Pussy専属のカメラマンの方でした。オランダに拠点を構えてるそうですが、兎に角、色んな面で大変だとの事。
色々な話を聞かせて頂き勉強になりました。

投票があるのでそのまま飲みながら待ってましたが一向に始まる気配が無い。
気になって訊いてみると既に始まってると。サクっと記入し投票箱へ(何故か今年だけアナログ投票方式)。
何となくメインステージへ赴き、Demons&Wizardsを観る。ブラガの曲も演って超盛り上がる。Vanishingの面々が明日帰国なので、改めてピックアップの時間を再確認。
入れ違いでプレスエリアに居るとの事で急いで移動し合流。

今日で滞在最後なのでプロモーション活動を続けてたらしく、たまたま居合わせたDie From Sorrow(去年のMB国際大会優勝バンド)のメンバー達と交流したり、MBのTシャツを買いに行ったりした後にテントエリアへ戻り、楽器を回収。今日もわざわざハンブルクから来てたVanishingファンの方が到着したとの事で、Tomoki君、スタッフのYuちゃんと一緒に合流。既に時間も遅いのと帰りの交通手段が不確定な為、タクシー乗り場までエスコートする事に。彷徨い歩きつつ乗り場へ到着。時間的に12時を回ってた為、既に長蛇の列な上、タクシーが少しずつしか来ないのでかなりの待ち時間。
結局、2時間程待ちで何とかタクシーへ乗せてハンブルクへ行って貰う。流石に歩いてテントへ戻るのは辛いと言う事で自分達もタクシーで拠点へ戻り、速攻で就寝。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です