求む!Wackenのステージを目指す、熱き精鋭!

 

Metal Battle Japan  –  それは、聖地・Wackenを目指す、メタル猛者の熱き戦い!

2004年に設立され、HR/HMの次世代ミュージシャンを応援すべくスタートした、W:O:A Metal Battle。2012年度より、日本もW:O:A Metal Battleに参加できることとなりました。

Metal Battleのステージに降り立ったバンドたち

ドイツの「Gorilla Monsoon」「Drone」、ブラジル「Torture Squad」、イスラエルの「The Fading」、「Hammercult」、スペイン「Crysys」、フィンランドの「BATTLE BEAST」など、Metal Battleを制した覇者達は今現在も世界のメタルシーンで活躍し続けています。

日の丸を背負い日本代表としてWackenへ挑んだのは、Hone Your Sense(2012年)、Mysterious Priestess(2013年)、HELLHOUND(2014年)、Ethereal Sin(2015年)の錚々たるバンド。
Hone Your Senseは帰国後リリースしたアルバムにて、STMonlineセールスランキング1位獲得するなど飛躍し続けています。Mysterious PriestessはW:O:A Metal Battle参加後、The Faceless2013年台湾公演のオープニングアクトとしてオファーされ、2013年11月に台湾公演を行ないました。また、HELLHOUNDは聖地・Wackenのステージにて”One more Song!”とMetal Battle史上まれにみる、アンコールのリクエストを受けるほどの盛況ぶり。Ethereal Sinは、Wacken始まって以来の悪天候にも関わらず、すばらしいステージで観客を魅了し、2016年にはノルウェーのTons Of Rockへの出演を果たすなど、どのバンドも目覚しい活躍をしています。

W:O:A Metal Battleへの出場で勝ち得るものとは

国際大会優勝者はW:O:A Metal Battleより賞金を得ますが、惜しくも優勝を逃しても世界最大級のメタルフェス・W:O:Aでステージに立つことで前出のバンドのように活動の幅が広がる可能性もあります。また、W:O:Aの会場へは世界中のプレス、メディア、レーベル関係者が集まります。そういった関係者と話をする機会を得ることで、日本国外へのマーケティングの可能性も広がることでしょう。

Metal Battle Japan 審査員も錚々たるメンバー

MBJの審査は音楽シーンのトップで活躍し続けている皆さんに行っていただいております。
審査委員長に、和田”キャプテン”誠氏、増田 勇一氏(音楽ライター、元Music Life誌編集長)、審査員に、上田 慎也氏(ヤングギター誌 編集長)、齋藤 靖氏(ディスクユニオン、BxTxH代表)、アーティスト代表として、丹下 眞也氏(OUTRAGE)、川嶋 未来氏(SIGH)、総合司会にKoh Nishino氏(BELLFAST)、橋山メイデン氏(メイデン玉砕)と錚々たる面々を迎え、開催されてきました。
メタルシーンの重鎮の方々の前でプレイをすることも、必ずやバンドの糧となるに違いありません。

メタルの聖地・W:O:Aでの国際大会優勝を目指す、熱きバンドのエントリーを心よりお待ちしています!!!